アンパンマンチョコレート

「食事する時に、餓死寸前のシチュエーションで食べる。」ってのをふと思い出し、

ご飯を目の前にして、「・・・・・・・。」おもむろに箸をとって白米をかっ込む俺。

目線を落しつつ、おかずを掻きこんで、味噌汁を飲む。

「・・・ホントに・・・死ぬかと思った・・・・!」だの

「・・・すまねぇ!!本当にすまねぇ・・・・!!」だの言ってて、なんとなく理解したのか、嫁も爆笑。

なんて事をしてたらですね、ふすまが開いていてですね、

幼稚園に行ってるはずの娘が出てきましてね、

どうやらその場面を見ていたらしくてですね、冷蔵庫に走っていってですね

アンパンマンチョコレート(娘の大好物)の袋を出してですね、泣きながらですね、

「おとうさん、これ食べてぇぇぇ(´;ω;)食べなきゃ死んじゃうんだよー!( ;д;)あばばば(声になってない)」

とか言われてですね。

優しく育ってくれてるなぁ、とか思う前にですね、動揺しまくって、ついつい

「ご飯・・・・おいしかった・・・。」とか行って、正座してスーツ着たままパタッと横に倒れたの。

「お父さんが死んじゃっpぴぎゃあああああああ!!!!( ;Д;)」

泣く娘を宥める嫁。さすがにまずいと思って、チョコをひとつ口の中に入れて

「おとーさん、ふっかーつ!元気もりもりあんぱんまん!」とか言っても泣いてるの。

けっこう似てたのに。

今、嫁は熱出して休んだ娘の看病とアホな旦那への怒りか、全然かまってくれず、

自分でスーツにアイロンかけてます。

どうしよう。やはり俺が悪かったのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です