一休さん

今日は残業の予定だったのが早く帰れることになった。

帰宅し、おどかしてやろうかとほんの悪戯心で、

音を立てないように細心の注意を払い、こっそり家の中へ。

したら嫁、何かふんふん歌いながら洗濯物たたんでたw

しめしめと思い、そっと距離を詰めると嫁が歌ってたのは「一休さんテーマソング」だった。

笑い吹き出すのを寸前でこらえ、面白いので離れてしばらく聞いてたら、

歌詞もめちゃくちゃだし、おかしくてもう俺、笑いの発作を止めるのに必死だった。

(ちなみに嫁は不思議ちゃんではなく、ごくごく普通人。だから余計面白かった)

そして歌はラストの部分へ。

どうしめるのかと思っていたら、

「好き好き好き好き好きっ好き♪あ・い・し・て・る♪好き好き好き好き好きっ好き♪

○、○、○(俺の名)♪ ○、○、○(俺の名)♪たらったったったたー!♪」

なんか「そうくんのか!」って意表つかれるやら、

ノリ良く後奏部分まで歌ってんのがおかしいやら、

もう嫁が何かすげえ愛しいやら、

でもおかしいやらで、

こらえてたのが崩れ一気に「ふがっ」と吹き出してしまった。

そしたら嫁がまたものすごく驚いて

「フギャアァァァ!!!」

(本当にこう叫んだ。毛を逆立てる猫の如しだった)

もうなんか可愛くて愛しくて、

「いつから~、いつから~!」とジタバタ暴れる嫁を抱きしめてしばらく爆笑した後、

「俺も本当に愛してるよ」と言いました。

嫁、涙目顔真っ赤で「もー!」だって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。