1本道の階段

彼氏とデート中、有名なカップルスポットに行ったときの事。

10段くらいの小さな階段を上った先が目的地で、1本道だから戻るときにはまた下るのだが、

私たちが階段に差し掛かったところで、大学生くらいのカップルが手を繋いで仲睦まじく上から歩いて来た。

幅が狭いため先を譲ったら、彼女さんがなぜか急加速で下り始め、

彼氏さんは手を引っ張られながら、階段の上段のヘリにギリギリ取り残され「ちょちょ!落ちる!」と大焦り。

彼女さんも「ご、ごめん!」と焦るものの、二人ともおかしくてたまらなかったらしく笑ってたw

転げ落ちることもなく無事に階段を降りた二人をみて、私たちも思わず笑ってたら
去り際に「ありがとー!!」となぜか感謝された。

むしろこっちが和ませてくれてありがとうだよ、と伝えたかったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。