彼氏、夫のキュンキュンするエピソード」カテゴリーアーカイブ

ナンパ

まだ彼氏と付き合う前の話。

クリスマスに二人で食事に行った帰り、

ナンパをしつこくされて怖いはどうして良いかわからないわで若干パニックになっていた。

帰ったはずの彼が後ろから、

「すみません、この子、僕の彼女です」と助けてくれた。

感謝とドキドキで一杯で必死にお礼を言ったら、何処か寂しそうに

「ちょっと心配で見てたんだ(笑)彼氏なんて名乗っちゃって本当に…ごめんね。」

嬉しかった。

荷物

買い物をしたあと、お家まで帰るときのこと。

スーパー出て彼氏が自分から

「荷物もつよー」と言って持ってくれたのに急に

「ねえねえ、この荷物、鳥が止まってる電柱交代ね!」

とか言い出した。(小学生がジャンケンで荷物持ちするような感じ)

で、意外と帰り道に鳥が止まってる電柱があって何回か交代してたんだけど、

私が持ってる時も必死に鳥がいる電柱を探してて

「あ、あそこ鳥がいるよ!俺が持たなきゃだ!」とか言ってて可愛かった。

「待ってたわけじゃないよ」

高校のとき、同じ部活の彼氏がずっと好きだった。

練習が終わって、けっこう早めに出て行ったのを見届けたはずがまだ昇降口にいて、

待ち合わせかなーとか思いつつ通り過ぎたらこっちに走ってきて、

隣に並んできてそのまま一緒に帰った。

「待ってたわけじゃないよ」と言われて、

素直に「なんだびっくりした」と思った。

そしたら帰った後メールで「でも下駄箱まですごい遠回りしたのは本当です」ってきててかわいくてドキドキした。

今も彼のかわいいところをもっとたくさん知れて幸せ。

クイズゲーム

会社の先輩が好きだった。

先輩とゲーセンに行ってクイズゲームをすることになった。

正解がわかったらボタンを押すんだけど、ボタンは一つしかない。

彼がそっとボタンの上に自分の手を乗せて

「じゃあ俺の手の上に更に手乗せて。正解がわかったら構わず押していいからね」

私は「はーい」と何でもないような顔したけど心臓ばくばくでなにこの状況!?てテンパってた。

その三時間後に告白されました。

彼曰く、少しでも意識されたかったとのことw

控えめに指先しか乗せてこないお前がかわいかったと言われましたww

懐かしいなぁ。

秒速0.3センチ

彼のお家にお泊まりした時、

ちゃんとお布団を2枚敷いてくれて嬉しかった

夜明け頃、ちょっとずつ近付いてきた。

ドキドキしたけど放っておいたら、

超慎重に秒速0.3センチくらいの勢いで手を繋いできた。

可愛すぎるし、手は繋いだけどそれ以外何もしてこないことに安心した。

思い出しただけでドキドキする

海までドライブ

久しぶりに会って、海までドライブ。

2人して土地勘がなかったからナビに表示された灯台を目指そう!ってはなしになった。

細い道を怖いね怖いねって言いながらようやく到着。

灯台のぼれるねーって2人でのぼって海風に当たってたらいきなりキスをされた。

「灯台でキスとか、ありがちなことしちゃうね」

って言ったら恥ずかしそうに笑う顔を見てドキドキした。